クローン病で胃もたれがするときの簡単な対処法を公開!

IBDであるクローン病に罹ってから、急に胃もたれや胃痛を訴える患者さんってわりと多いようです。

じつは、私もそうでした。

病院から処方された薬をなんの疑いもなく飲んでいた頃、「プロテカジン」という胃薬をよく主治医が処方してくれていました。

効いていたのかどうかは、正直あまり覚えていません(笑)

そもそもクローン病は、潰瘍性大腸炎と比べると口から肛門までのすべての消化器官に炎症が波及するという特徴があるため、

クローン病患者が胃もたれをはじめとする胃の症状に悩まされるのも不思議ではありません。

今回はそんな辛い胃もたれを薬を使わず、簡単に対処する方法についてお伝えします。

 

なぜ胃もたれするのか?

そもそも胃もたれの原因っていったい何でしょうか?

・胃酸不足
・胃酸過多
・消化酵素不足
・ストレス

などが挙げられますね。

胃酸不足

胃に食物が入ると、胃液が分泌されます。

胃液には、

  1. 胃酸
  2. 消化酵素
  3. 胃粘液

の3つの成分が含まれます。

胃酸は、食べ物の消化を助け、殺菌作用を持ち、消化酵素は主にタンパク質を消化します。胃粘液は、胃粘膜を薄い膜で覆うことで、胃酸から守っています。

つまり、胃酸不足が起こると、食べたものがいつまでも消化されず胃に残ることで、

「なんだかいつまでも食べたものがもたれる」

「膨満感がある」

「げっぷが多く出る」

といった胃もたれの原因になります。

胃酸過多

逆に胃酸が多すぎても、胃もたれや胃痛の原因となります。多すぎる胃酸が、胃粘膜を溶かし、胃壁を痛めてしまうためです。

消化酵素不足

高校時代の生物でも習ったとおり(私はきれいさっぱり忘れてましたが笑)人間の消化器官では、消化酵素をさまざまに分泌して、吸収の過程へと進みます。

なかでも、胃で分泌されるのがペプシン。ペプシンは、タンパク質の消化酵素であり、ペプシノーゲンと呼ばれるペプシンの「元」に塩酸が作用して活性化されます。

さらに、胃酸の「元」となるのが、塩酸です。

何らかの原因でペプシンが不足すると、食べたものの消化がスムーズにいかなくなり、それが原因で胃もたれを起こすことも多くなるわけですね。

ということは、胃酸不足の延長線上には、消化酵素不足も関係しているのですね。

ストレス

胃の働きは、自律神経(交感神経と副交感神経)によって調整されています。ストレスによってこの自律神経のバランスが乱れると、胃に不快感を感じやすくなります。

クローン病の胃もたれ対策にも、やはりストレスマネジメントは大切になってきます

 

クローン病の胃もたれをどうやって改善させる?

これから紹介する方法は、胃酸不足」の場合にのみ当てはまるものですので、そこだけご注意くださいね。

また、現在胃に潰瘍があることが明らかにわかっている場合は避けてください。

それから、食事中に水をがぶ飲みするのもおススメしません。胃酸を薄めてしまうからです。

スーパーフードの梅干しを口にする

オススメなのが、「梅干し」なんです。

なかでも、塩分濃度が15%以上の、いわゆる「しょっぱい」梅干し。コレが胃酸不足の胃もたれにいいんですね。

昔ながらの、田舎のおばあちゃんが作ってくれるような、あの酸っぱくて、しょっぱいやつです。

なぜかというと、胃酸の元は、塩酸である、とお伝えしましたが、酸っぱい梅干しに含まれるクエン酸が、胃酸の補助をしてくれるからです。

酸っぱい梅干しのPH(ペーハ)は2。この値は、強酸性を意味しており、胃酸のPHと同じなんです。

これと同じ働きが期待できるものとして、レモン水を食事中にちびちびと飲むという方法もありますが、こちらのほうが簡単。

そのほかにも

船酔い、車酔い対策。
食欲増進。
夏の食あたり防止。
クエン酸の疲労回復と防止。

などなどさまざまな効用があります。

これが、梅干しがスーパーフードと呼ばれる由縁なわけです。

ということで、胃酸不足には、「しょっぱい梅干しを一口!

コレ、おススメです。

繰り返しますが、現在胃に潰瘍や炎症がある方は避けてください

サプリメントを摂ってみる

消化酵素が不足している場合には、胃酸補助サプリを摂ってみるのもおススメです。

塩酸ベタインHCL剤などがあります。

さて、私がかつて飲んでいたプロテカジン。「H2ブロッカー」とも呼ばれ、胃酸抑制作用があります。

当時は今よりもっと痩せていたため、胃もたれの原因は、おそらく胃酸が足りていなかったのではないかと推測してます。

だとすれば、薬によってまったく逆の対処をしてしまっていたことになりますね

それは、効果が感じられないはずだ。。

 

まとめ

・胃酸不足によって生じる胃もたれには、「食前または食後に酸っぱくてしょっぱい梅干しを一口」。

・胃酸補助サプリ。塩酸ベタインを摂ってみる。

ただし、これらもあくまで対処療法でしかありません。

食べたものをきちんと消化できる身体にしていくためには、ビタミン・ミネラルの補給やタンパク質の摂取を行い、体質を改善していきましょう。

 

 

 

毎日のように薬を飲んでいるが、体調が一向にすぐれないあなた

病気を改善させ、以前のような健やかな毎日を送りたいと願っているあなた

 

そのための情報を無料で発信しています。

 

無料メルマガ登録はこちらです。

 

今なら登録者限定特典動画

「決定版!IBDのダルさ対策」がご覧いただけます。

↓             ↓